« ファイナル第三戦 | トップページ | 「きっと、ここが帰る場所」 »

Back to the basics

最初は、サンダーを応援していたのだけれど、ウェストブルックなどの若さゆえの無謀なプレーを見ていると、第3戦あたりから、ボッシュの復帰でメンバーも揃い、プレーも堅実なので、経験の足りないサンダーの優勝は時期尚早で、優勝に値するのはヒートだと思うようになり、どちらか勝ってもいいと思うようになっていました。
例えば、オニールとペニーが初めてファイナルに出てスイープされた時とか、レブロンが最初のファイナルでスパーズに負けた時のように、ファイナルゆえのプレッシャーのようなものがあるのか、勢いで勝ち上がってきたチームで、これまでよく決まっていたシュートが決まらなくなるという過去の若いチームでよく見てきたのと同じ状況が今年のサンダーにもみえて、最後は経験のあるヒートが勝つのだろうと思いましたが、やっぱり4ー1でしたね。あさっりと終わってしまうのは寂しいですが、それがサンダーの実力だと思います。
ヒートは、スターターのすべてが3Ptを決められるというところが強かったですね。あまけに、マイク・ミラーにジェームス・ジョーンズもいるので、そこは強いと思います。
ビッグ3結成の例のパフォーマンスを見てからアンチ・レブロンだったのですが、モチベーションの高め方などのメンタリティ、ゲームをコントロールする知性、プレーを堅実に遂行するテクニックなど、すべてにおいて彼の進化を感じました。
試合が決まってからベンチに戻って試合を見ているデュラントの目は、去年までのレブロンと同じ表情でしたね。試合後、ジェームスとデュラントが抱き合うシーンは、感動しました。デュラントがジェームスと違うのは敗れた時に、最後までそれをしっかり見て受け入れ、最後に祝福できるというところで、そこが泣けました。レブロンでさえ9年かかったわけで、また来年以降、同じ舞台に戻ってきて欲しいですね。
表題は、表彰式のインタビューでレブロンが強調していた言葉です。
アメリカ代表を4人そろえたチームでも、NBAを制覇するためには、自分の実力におごることなく、常に基本に戻って、自分を見つめ直すということだったのですね。ファイナルでの彼の表情に感じていたものはそれだったのかと納得しました。

|

« ファイナル第三戦 | トップページ | 「きっと、ここが帰る場所」 »

NBA」カテゴリの記事