« 「ハングオーバー2」 | トップページ | 「監督失格」 »

「スマグラー」

石井監督のコミックをコミックっぽく映画化する独特のオリジナリティは相変わらずだけど、拷問シーンとか悪趣味すぎてついていけませんでした。(このバイオレンスが原作どおりなの?)あと、満島ひかりと松雪泰子の意図的な棒読み演出も、もともと演技できない彼女らがやっても逆効果というか。。背骨と内蔵の格闘シーンは特撮スローモーションだけど迫力あったと思います。そういう意味では安藤政信が一番よかったかな。

|

« 「ハングオーバー2」 | トップページ | 「監督失格」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事