« 「ロンドン・ブルバード」 | トップページ | 「レイチェルの結婚」 »

「ハラがコレなんで」

私には、「川の底からこんにちは」がぜんぜんダメで、この前みた「あぜ道のダンディ」もキャストに救われているもののイマイチな感じだったので、あまり期待してなかったんだけど、これはそこそこおもしろかった。

とにかくこの石井監督、原作なしで自分で書いたオリジナル脚本でいくという今時珍しい人として理解し、尊重してはいるものの、ちょっとニヒルな青臭い思想性が見え隠れするところと、昔の森田芳光の映画みたいに「わかる人にはわかる」的な「ニュアンス」で笑わせようとする感じが見えるところがちょっと時代遅れな感じで嫌だったのですが、もともと演技がダメな満島ひかりだとダメな台詞も、天性のぶっきらぼう系コメディエンヌの仲里依紗の「粋だね」と「オウケィ」のツーフレーズのゴリ押しで、その思想性が隠れていたところがよかったのかもしれません。

|

« 「ロンドン・ブルバード」 | トップページ | 「レイチェルの結婚」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事