« 「横道世之介」 | トップページ | 「愛と誠」 »

「舟を編む」

石井監督の映画なんで、前の3作同様に、またあの学生映画的な「わかる人にしかわからないでしょ」的ニュアンスの世界を心配してたんですが、原作のしばりがあって脚本も自分では書いてなくため、作家性をダメなストーリーテリングの部分に出してないので、映像の部分だけに自己主張が出てて、そこはよかったです。これ、予告編だけ見ると松田龍平と宮﨑あおいの青春恋愛映画みたいなんで期待してなくて、特に、宮﨑の猫抱いて登場するシーンのその相変らずな演技みて劇場で見ようかどうか悩んだんですけど、実は、実は予告編の漫画っぽい恋愛話はただの客寄せの宣伝で半分以上は予告編にはほんの少ししか出てない「その後」の話で、特にその後半がよかったです。オダギリだけが「時効警察」のノリのアドリブで一人浮いてますが、それも許せてしまうほど龍平が熱演してます。

|

« 「横道世之介」 | トップページ | 「愛と誠」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事