« 「モールス」 | トップページ | 「岳」 »

「紙風船」

以前「ラッシュライフ」という東京芸大の学生が作って一般公開されたオムニバスの商用映画のDVDを観ましたが、これも同じシリーズの映画で、今度は岸田國士の原作をベースに現代を舞台して脚本を書いたものらしい。

ゴダールになったつもりの自意識過剰な学生映画は嫌いなんだけど、そうしたフリースタイルなものと違って、こういう制約が課せられた上で、基本を抑えて自分のスタイルで映画を作っていくというタイプの映画は許せます。おそらく光石研とか水橋研二とかプロの役者が絡んでいることで、そこらへんの青臭い作家性が抑えられるという効果も少なからずあるんだと思います。
ただ、少しだけそうした自意識が見えてしまっているようなストーリーもあったけど、許容範囲というか。

|

« 「モールス」 | トップページ | 「岳」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事